海外のバイナリーオプション業者のボーナスの仕組み

By: Daniel Lobo

国内バイナリーオプション業者と違い、海外ではボーナスという仕組みがあります。ボーナスは入金額に応じて一定の割合で与えられるもので、取引に利用することができます。条件をクリアすることでボーナス額も出金することができるようになっている業者も多く、ボーナスシステムは少ない入金で大きな取引に挑戦することのできるチャンスとなります。

しかしボーナスにはルールが存在します。ルールを理解していないと出金ができなくなってしまうこともあるため、気をつけなくてはなりません。特に海外のバイナリーオプション業者で日本語サポートをしていないところには注意が必要です。プラットフォームが日本語に対応していても、サポートが対応していないところもまだ多く、電話やメールのやり取りが英語になってしまうこともあるのです。

海外のバイナリーオプション業者のボーナスで良くあるのが、入金5万円で20%、10万円で30%、50万円で50%などと、金額ごとにボーナスが設定されているものです。予めサポートに連絡しておけば、5万円の入金で10%のボーナスのように、与えられるボーナスより低い設定にしてもらうこともできます。出金条件は、入金+ボーナス額の30倍などのように記載されています。例えば5万円で20%のボーナスを貰った場合、30倍で条件クリアとなるのであれば6万円×30の180万円以上の取引が必要になります。

条件をクリアしないまま出金する場合は、ボーナスと、ボーナスによって得た利益が消滅してしまいます。ボーナスを貰う場合は注意しておかなくてはなりません。入金額に応じてアカウントのステータスが変化するタイプの口座もあります。上位のアカウントになると追加キャッシュバックを得ることができるものもあり、こちらは出金制限はありません。業者によってアカウントタイプも異なりますので、気に入った業者があれば同じところで取引をし、上位のアカウントを目指すのも良いでしょう。

続きを読む

バイナリーオプションを攻略するための景気動向

By: Search Engine People Blog

バイナリーオプションをファンダメンタルズ分析によって攻略しようと考えているのなら、景気動向を見ておくことは非常に大事なことだといえるでしょう。為替レートに影響を与える要因の一つが金利です。傾向として見られるのが、短期的には高金利通貨が買われて低金利通貨が売られるという現象です。

例えば先日、ECBが金融緩和を発表しました。つまり、資金が大量に供給されることを指します。そうなることによって、ユーロは売られるようになると考えられます。では、なぜ金融緩和を行うのかを考えてみましょう。これがわかればバイナリーオプションの攻略には役に立つはずです。金融緩和は、景気刺激策の一環として行われます。資金が潤沢に供給されれば、企業は経済活動を活発化させると考えられます。そのために景気が回復すると考えるのは自然なことでしょう。そのために金融緩和が行われるわけです。ですから、景気が悪くなると通貨は売られ、景気が良くなると通貨が買われる傾向があります。

このようにして分析をするわけですが、そのためには景気動向を把握することは必要なことの一つだといえるでしょう。景気動向は簡単にわかるものではありませんが、景気指標を見るとわかりやすいです。例えば、ドルを予測する上でもっとも重要なものの一つが雇用統計です。雇用が良いのかどうかで景気が良いのかどうかを判断することは多いです。景気が良くなれば雇用が良くなるのは自然なことでしょう。他にも、機械受注や購買者担当者指数、物価など、景気指標としては様々なものがあります。

現在のアメリカは低金利政策を行っていますが、景気が回復してくると利上げが行われるでしょう。それを見越してすでにドル買いが行われている模様です。このようにして、景気を見ていくことによって、先回りした情報をある程度知ることができますから、バイナリーオプションを攻略しようと考えているのなら、景気指標は常にチェックしておきましょう。

続きを読む

バイナリーオプションの宣伝に注意!2chのまとめサイトを使った宣伝もある?

By: Naotake Murayama

バイナリーオプションとは、数分後の為替が高いか低いかを選ぶ二者択一のゲームです。ここで注意が必要なのが、単純に50%の確率で勝てるゲームならば、勝つ人のほうが多いという結果になる可能性もあるということです。例えば「高い」に賭けた人の総額が一億円、「低い」に賭けた人の総額が二億円だったとしましょう。ここで結果が「低い」になってしまった場合、その差額である一億円はだれが出すのでしょうか?当然運営している会社が出します。そうなると、会社は利益がでるどころか、つぶれてしまいますね。詐欺サイトではなくても、裏でなんらかの操作がされている可能性はあるので、十分に注意しておきましょう。実際にはペイアウト率が1.8倍などとなっていて、業者に利益が出る確率が高くなっています。

さて、バイナリーオプションに関するブログは数多く有りますが、宣伝用のリンクが貼られていると多くの人は警戒します。しかし、2chは宣伝目的で使う人は少ないので、信頼性が高いと思っている人がいますが、実は2chのまとめサイトなどは要注意です。「一週間で一千万円稼いだ」などというタイトルで、実際に一千万円が入った口座の写真が載っているとつい信じてしまいそうになりますが、こんなものはいくらでも量産できるものですので信じないように注意しましょう。2chのまとめサイトをよく見る人は、こういった宣伝サイトをうんざりするほど見ているので、ひっかかることはありませんが、めったに2chを見ない人などは逆に信じてしまうことがあります。最後のほうに宣伝サイトやバイナリーオプション業者へのリンクが貼ってあったら、それは高い確率で宣伝なので、警戒しましょう。

特に注意が必要なのが、海外サイトです。海外サイトの場合、詐欺にあっても警察が海外まで出張するわけにもいかず、泣き寝入りしなければならないケースがほとんどです。架空の会社名と住所が使われていたらお手上げになります。ツールの上では数千万円の利益が出ていても、実際に口座に出金する時点で詐欺だと気づくケースもあるので、利益が出ていても出金するまでは安心しないようにしましょう。

続きを読む

FXで負けていって破綻して、時間と人生がつぶれていく

By: Fabíola Medeiros

FX業者も勝っているトレーダーも全員嫌いで、現実的にFXしているんです、得意です、というコメントをしているやつがいたら、邪険に感じてならないです。FXは時間を気にしなければいけないし、チャートを見て、ニュースみて、予測して、平日も土日もFXざんまいになり、働く気がなくなってくるという悪循環の膨大な時間を無駄にする金融システムツールにほかなりません。これはスイスフランショックで何千万円も負けてしまった人の話を聞いて、気をなだめるほかありません。

1分で数千円、2回負けたらどうなるか、1万円ぐらい超えてきます。そうなると、世の時給制の1000円とかいう労働がいかにばかばかしく感じてくるか。吉野家の牛丼を必死で作って忙しいのに偉そうな客に出して時給1000円、5時間やって5000円。たった5000円稼ぐのにどんなに働くか。FXではそれが一瞬で消すことができます。なんて無駄な金融システムツールなのか、FX業者が儲かるだけで、トレーダーになっても時間とお金をポイ捨てするだけで100害あって1利なしではないか。

黒田が発言したどうこうというのも胡散くさく感じてくる、自分が勝っていればFXはすばらしいと感じると思います。コツがあるとか、分析したら勝てるようになるとか、正社員給料なんて超えるとか、いろいろと偉そうに言えるけれど、負けたらいろいろぶち壊したくなります。

日銀総裁なんてどうでもいい、くだらない発言するなと、一部のFXトレーダーが残っているだけで、ほとんど退場していくための円高、円安、ギャンブルレートなんて、知らぬが一番得です。知らなければやることはありません。だから、働くことしか考えていない人、副業で稼ごうとか雑誌すら読まない人、にとってはFXなんて身の回りにありません。だいたいやってしまうのはインターネットに接続している人で、稼ぎたくて仕方がない人です。で、負けていって破綻して、時間と人生がつぶれていきます。

続きを読む

台風上陸のニュース。相場では、ギリシャの台風がすごかった

By: Stephen Wheeler

7月13日。現在午後14時です。情報番組をチェックしながらの相場観察です。猛暑が関東に集中的に押し寄せてきているみたいですね。聞くところによると、38℃です。この温度、人間でいうと、熱で一刻も早く病院に行かないといけない危険状態です。このような気温が街を包んでいるのかと思うと、意識が遠のきそうな感覚になります。熱中症で倒れやすい気温なので、いつも以上の休息と水分補給が大切です。そして、台風のニュースも流れていました。17日金曜日に西日本に上陸する恐れ。

私のところは、はるか遠くに離れているけど、来たら嫌です。7月になると、熱中症とか台風とか虫対策とかいろいろ注意する問題が出てきますが、花火大会とかプールとか観光とか楽しいことがたくさんあるから、負けてはいられませんね。台風という事で、7月になってから現在の相場はそんな感じの相場でしたね。ギリシャ問題という大物台風がやってきて、クロス円の買いの勢いを根こそぎ奪っていきました。上に行くんじゃない、下がって下がってね~!ってすごい勢いで売り浴びせられました。

すべてのクロス円の日足チャートを見てみると、本当に気の毒なくらい下げています。豪ドル円は、95円の高値から6円程下落しました。ポンド円は、7月がスタートしたときは上昇中の押し目を思わせる綺麗なチャートを描いていたのに、数日後には押し目ではないという結果になっています。時間をかけて育ててきた大きな木の枝が、強い台風によって折られたような感じ。ポンド円、可愛そう。

今は、生き返って陽線を出しているけど、再び上を目指して日足の高値を越えて行けるのか、注目です。今度こそ壊れないで、立派に上昇の幹を育てていってください。ユーロ円も同じくポンド円のようになっていますが、ポンド円は何も悪くない。ユーロ円は、当然と言えば当然。個人的に、もうちょっと頭を冷やしてから上に行くべきだと思います。チャートは同じでも、私はポンド円を応援したいなぁ。

続きを読む

FXは予想外の相場が非常に多いと感じる。こんな相場は嫌だ

By: epSos .de

認めたくても認めなければいけない相場があります。出会いたくなくても出会ってしまう相場があります。いい相場ばかりでトレードし、いい相場ばかりを見ていたいと思うのですが、そんな願いは叶うはずもありません。どんなに気を付けていても予想外の相場がやってきます。チャートが売りになっていて売っては見たものの、結局は戻ってくる往ってこい相場。これは、相場を見ていると毎月1回は必ず出会っている印象。気を付けてポジションを持っても、運が悪く引っかかってしまい、損切りになったことがあります。

FXを始めてからこの相場に何度やられてきたかを思うと数えきれません。初心者には是非注意してほしい相場です。往復ビンタを食らう往ってこい相場はどんなときに起こりやすいのか、相場を見てきた中で私なりの考察は、値動きが大人しくて材料不足の時ですね。チャートが売りを示していたとしても控えるのが無難です。もしどうしてもポジションを持ちたいなら、5分足とか15分足でタイミングをはかり、損切りを浅めに設定すると軽傷で済みます。

好調な指標発表を受けて1円近く急騰し、別の時間になると上げ幅を帳消しする相場。こういう相場も嫌です。往ってこい相場に比べると圧倒的に少ないですが、引っかかってしまうとかなりの悲劇です。上昇に乗ってすぐに利益確定させたら無事です。ポジションに利益が乗って、ストップを設定して待っていたら利益がゼロになっている。これは、ショックだけど損切りになるのと比べたら全然いいです。

一番最悪なのは、急騰について行って、急に下がりだして5分もしないでトレンド転換のパターン。こんな目にあったときは、自分の運のなさを嘆いてしまいます。ひどい相場だと思って呼吸が荒くなります。一番精神的ダメージを与える相場であることは間違いありません。最後に、理想的な相場は、すべての時間足のトレンドが一致していて、順調に動いていく相場です。こんな相場だったら、多くが勝ち組になれることでしょう。

続きを読む